春夏秋冬

アクセスカウンタ

zoom RSS 送り火

<<   作成日時 : 2007/08/16 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今夜は五山送り火。家の西の宅地造成中の丘に登れば、少し斜になった大文字と、背伸びして首を伸ばせば船形も見えるのだけど、余りの暑さに急坂を息を切らせて登るのも憚られてやめにした。今日が暑さのピークだと天気予報でも言っている。
公園には市役所が設置したお供物を入れる箱が並んでいる。
このあたりでは「御精霊(ごしょうらい)さん」と呼んでいる、家に迎えたご先祖にお供えした物で、米粉で作った白いお団子や、茄子に苧柄(おガら)を折って四本足を差し込んだ馬、赤く色づいたほおづき、長いささげ豆などにちがいない。生まれた家は浄土宗だったから、やはりお盆には同じように仏壇を飾るのが慣わしだった。お盆の始めには家の前で苧柄を燃やして迎え火を焚き、十六日の夜は同様に送り火を焚いた。今は宗旨が違う家だから、もうやらないけど、夏の風物詩ではあったなあ。母の作ってくれたお団子にきなこを付けて食べるのがお盆の楽しみだった。
田舎ではお供えした物は田圃のあぜなどにご先祖を送る意味で置くのが普通だったけど、当節はカラスの餌になったりするからお役所で回収するらしい。田圃では稲が穂をつけた。もう少しの辛抱で涼しくなると思うと、この暑さにも耐えられるというものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
送り火 春夏秋冬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる